iClusta+ へのドメインの移行(移転)

GMOクラウド株式会社 の iCLUSTA+(ミニ)の場合。

PlanManager内の[プレビューサーバー]で、移行したHTMLのファイル類がきちんと表示されるかを確認することができます。

また、WordPressのような動的ファイル類の確認に関しては、

ユーザー管理で[ドメイン管理者]または[サイト管理者]のユーザーに切り替えて[ユーザー情報]を確認すると、ウェブサーバー IPアドレスが表示されます。

これを使ってHOSTSで設定することでWordPressなどの管理画面に入ったり、確認したりすることができます。

 

Suite X へのドメインの移行(移転)

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ の WebARENA SuiteX(スタンダード)の場合。

ドメインの考え方がちょっと特殊で、契約時のドメインが親ドメインとなり、その親ドメインの中に子ドメインでマルチドメインを作るという考え方になります。

IPアドレスはサイトマネージャーのインフォメーションに表示されていて、親ドメインの場合は、ネームサーバー設置前の「確認用のURL」としては「http://(SuiteX V2のIPアドレス)」で確認できますが、子ドメインで指定した別のドメインの場合は、hosts を使って確認することになります。

また、WebARENA SuiteXでは、子ドメインの追加作業のみでは、すべてのドメイン(親・子)において同一のページが表示されます。
マルチドメイン設定ツールを使うことにより、.htaccess を使った、ドメインごとに異なるページを表示させる必要があります。

そして、メールの場合には、1つのメールアカウント(例えば xxx@example.com)を作成した場合、子ドメイン(xxx@example.jp)でも送受信できるようになります。もし、複数ドメインで同じメールアカウント(xxx)を使う場合には、受信側のメールソフトで振り分ける必要があります。

SSLは親ドメインのみ、設定可能です。

ご参考まで