LiteSpeedって何?(簡単にいうと・・・)

ロリポップが2019年9月からハイスピードプランを追加しました。

今、私が利用している Conoha Wing や エックスサーバー も速さを売りにしているサーバーです。

どうして早いの?というのを読んでみても、何やら呪文のような英語がたくさん出てくるので、へぇ~と知ったかぶるしかないのですが、、、

ロリポップのハイスピードプランでは、Webサーバーに「LiteSpeed」が採用されています。

この LiteSpeed の特徴としては、アクセス集中時でも高速で安定したWeb運用ができるのだそうです。

ちなみに Conoha Wing や エックスサーバー では、Webサーバー として Nginx が使われています。

どちらのWebサーバーソフトウェアも、処理スピードや安定性に焦点を当てて開発されていて、長い歴史を持ち、広く知れ渡っている Apache と比べて、どんどんアクセスが多くなるWeb のことを考えて開発されているのが、LiteSpeed や Nginx といったところでしょうか。

もちろん、Webサーバーとしての速さや安定性に関しては、Webサーバーソフトウェアだけでなく、ストレージやどのくらい大容量のバックボーンに接続されているか、Wordpressなどを使っているのであれば、PHPやMySQLなどに関しても確認する必要があります。

『大量のアクセスはないなぁ』と思っていても、レンタルサーバーは複数の契約者が共有でサーバーを利用しますし、複数のドメインを使っていたりすれば、やはり速さや安定性は見逃せませんね。